toggle
2020-04-10

高専ってどんな感じ?

こんにちは!
専攻科2年の小川と申します!

今回はよく質問のある「高専ってぶっちゃどうなの?」をテーマに特に高専志望の中学生・親御さんや高専低学年の学生に向けて、5年間の高専生活について振り返りながら説明していきたいと思います!

簡単な自己紹介

まずは、簡単に自己紹介をさせてください。

私は、木更津高専の制御・情報システム工学専攻2年に在籍しています。
高専ライフも早、7年目です。
本科時代は情報工学科に所属しており、寮から5年間通いました。

現在は、このKoconeの運営チームリーダーや起業のような事をしたりもしています。

そんな私が本科生活をざっくり振り返って、みなさんに『高専ってどんな感じ』が伝われば幸いです。

高専への志願理由

私が高専へ志望した理由は、
『小さい頃からコンピューターが好きだった』からです。

両親がIT系の企業で働いているということもあり、小さい頃からパソコンでネットサーフィンとかその程度ですが、よく使っていました。

プログラミングが出来たとかそういうのは全くなかったのですが、とにかくソフトウェアが好きでした。
あとは、偏差値的にギリギリ入れそうかな…とかそういう思惑もありました。

私の知る限り、同じように多くの高専生が小・中学校から工業系に興味があって入っています。

中学時代からもの作りをしていた学生も一定数いますが、少数だと思います。

専門の授業について

専門と留年

高専では、一年生から専門の授業があります。
私は情報工学科出身ですが、一般的な「高専の専門教科の授業」についてお話します。

実は私は最初の専門の授業からつまずいていました…
ソフトウェアが好きとはいえプログラミングなんて全く経験がなく、苦手意識を強く持ってしまっていたのを今でも覚えています。

高専では私のように、専門教科に対して低学年から苦手意識を持つ生徒はたくさんいます。
私は先生の手厚いサポートのおかげで克服することができましたが、苦手意識が払拭できない生徒が留年や退学をしてしまいます。

専門教科と『合わない』学生さんもいらっしゃるので、学科選びは慎重にすべきですね…

授業内容と進路

高専の授業はあくまで『専門分野を勉強するきっかけ』に過ぎないと私は考えています。たまに親御さんに、

高専に入れば専門の会社で大活躍でしょ??

といったようなことを言われることがあります。
が、残念ながらそんなことはありません。
自分の腕に自身を持って卒業できる生徒はごく少数だと思います。

高専に限らず一般的な授業にも言えることだと思いますが、授業内で得れるものは実務で使うには遠く及びません。高専の専門の授業は「ちょっと実務で使えそう」くらいの認識が正しいと思います。

他の大学生と比べて

今の時代はネット上で専門の知識はいくらでも手に入れることができるます。そのため高専に入学せずとも、専門の道に足を踏み入れることが容易になってきています。

いわゆる「普通の大学生」でも、アルバイトなどを通じて学生のうちから実務経験がある人もたくさんいるのが現状です。

高専のいいところ

高専の授業は実務に及ばなくて、普通の大学生でも専門ができるんだったら「高専って微妙?」と思うかもしれませんが、もちろん良いところもたくさんあります。

巨大なコミュニティ

高専の最大のメリットは、『高専であるところ』だと思います。

高専では前述の通り、工業系の分野に興味のある学生が集まり、それに特化した教授や企業も集まります。そのような環境は高専をおいて他にないと思います。周りの環境が良いと、努力した以上のリターンがあると思います。

具体的には、専門分野に関して分からないことがあれば教授以外にも先輩や同級生に気軽に質問することができます。
普通の大学生であればインターネットで検索をして、サイト内で分からないワードを検索して… なんてことになっていたでしょう。
また、様々なプロジェクトに対してお金を出して応援してくださる企業さんもいます。

現に私は、周りの人のおかげで様々な経験ができています。
もしも普通の高校・大学に進学していたとしたら、並大抵の努力では今の自分のようにはなれないと思います。

きっかけがたくさんある

前述の通り高専の授業では専門分野に興味を持てるような『きっかけ』がたくさん与えられます。自分では思いもしない分野に興味を持ったり、様々な知識を蓄えることができます。ある程度、将来やりたいことが固まっている人でも視野が広がり、とても良い経験になると思います!

まとめ

たくさん書きましたが、私は個人的に高専入学は賭けのようなものだと思います。専門教科と相性が良ければ、これ以上にない良い選択肢だと思います。
一方で、相性が悪ければ大変な5年間を過ごすことになってしまいます。

高専を受験しようか迷っている方は、自分の将来を選択した学科に絞っても良いかを今一度考えてみることをオススメします。
何も考えずに入ると苦労をすることになるので、学科まで慎重に選んでください。

今回はここまでです!
質問などございましたら、お気軽にコメントください!

関連記事

コメントを書くにはログインが必要です

コメントを残す